更新:2016/05/26

ETCカードの審査に臨む前に

ETCカード:審査基準とは

ETCカードは申し込み後、審査に通過して初めて発行されますが、ETCカードとはクレジットカードの追加カードですので、実際はETCカード審査なし=クレジットカードの審査ということになります。これはカードを申し込んだ人の経済状況や返済能力などを調べるもので、申し込まれたクレジット会社が信用情報機関に申込者の情報を問い合わせます。これまでの利用金額や返済額などが調査の対象となり、毎月安定して収入がある職業であれば、問題なく審査に通るでしょう。専業主婦の場合でも、配偶者に安定的・継続的な収入があれば問題はありません。

年金受給者の方も安定的・継続的収入があるということで、審査は通ります。しかし無職やフリーターの場合は、審査が厳しくなるようです。パートやアルバイトなどで安定的、継続的収入があることが必須です。また、安定した収入で、職業に問題がなくても、これまでのクレジット利用やキャッシングなどで返済が滞ったり、遅れたりしたことがあると、審査がきびしくなります。

このほか、カード会社によっても審査の甘さ、きびしさは違います。クレジットカードは、発行する会社の系列として消費者金融系、銀行・証券系、信販系・流通系などがありますが、このうち消費者金融系とスーパーやコンビニなどの系列の流通系のカード会社は審査が甘いようです。クレジットカードの審査=ETCカードの審査に通過するためには、自分の収入状況、クレジットカード利用の際の支払いについてなどよく考えて、利用するクレジットカード会社を選ぶことがポイントとなります。



消費者金融のメリットに関する記事

日常生活を送る上で必要になるのが現金です。現金が不足した場合においては、消費者金融を利用する事が重要となっています。消費者金融に関しては多種多様に存在していますので、インターネットなどで評判を調べた上で利用する事が大切です。消費者金融の特長は、借り入れが行いやすい点にあります。インターネットで24時間受け付けていますので、多忙な方でも気軽に利用する事が可能となっています。審査に要する時間も短く、場合によってはその日の内に借入する事ができます。指定の口座を登録しておく事で、迅速に現金が振り込まれます。金利に関しては、基本的に低金利となっていますので、比較的容易に完済を行う事が可能となっています。


消費者金融を利用し現金を借入したのであれば、計画性を立てて返済を行っていくことが重要となっています。手軽にキャッシングができる半面、現金に対する意識が薄れますので注意が必要です。低金利といっても何度も使用する事で負債が増えていきます。負債の金額が多くなった場合においては、返済が滞る場合があります。返済が難しくなった場合においては、連絡をしておく事が大切です。そうすることで、返済期間に猶予が設けられますので安心する事が可能となっています。一般的には年会費や入会費に関しては無料となっていますが、有料の時もありますので必ず確認をしておく事が重要となります。お得に利用するためにも、金融機関の情報を把握しておく事が重要です。

消費者金融ランキング



初心者にお勧めのカードローンとカード選びの注意点

カードローンを初めて使用する初心者の場合、数多くあるカードローンの中から自分にぴったりのものを選択するのは非常に難しいといえます。まず初心者の人が困惑するのがどのカードローンが申し込みしやすくてどのカードローンが審査が厳しいのか、そしてカードローンを利用した場合の返済はカードによってどのように異なるのかということです。そのためまずはカードローンの特徴を詳しく知ること、試しに使用できるようなカードローンを選択することがとても重要になるといえます。

初心者が注意すべきカードローン選びとは?

初心者の場合カードローンの違いが全く分かっていない人が多いため、とりあえず使用できればどれでもいいといった感じでカードローンを選択してしまう場合が非常に多いといえます。しかし実際にカードローンを見比べてみると金利面ではそれほど違いが無いけれど他のサービスが充実しているもの、金利は他社に比べて安いが利用できる場所が限定されてしまうものといったような、実際に使用する場合に困るといったことも起きる可能性があります。

そのため必ずカードローンの内容をきちんと見比べて、自分が使用するのに最も楽で利便性の高いものを選択する必要があります。特に利用できる場所というのはそのカードローンの選択が正解だったのか間違いだったのかを決めることになる重要なポイントと言えます。

使用できる場所が多くてもメリットとはいえない

カードローンの利用を考えた場合、選択したカードローンの利用できる場所が多ければそれがメリットになるかといえば、決して葬とは言い切れない部分があります。この利用できる場所というのは基本的にはATMになるわけですが、カードローンの利用できるATMには2種類のATMが存在しており一つが専用ATMと呼ばれるそのカード会社が設置した専用ATM、もう一つは提携ATMと呼ばれる他社のATMではあるけれど会社同士が提携しているため提携している会社のカードであれば利用できるATMとなります。

一見どちらのATMを使用しても全く変わりなく使えるため、それなら専用でも提携でも多ければそれに越したことはないと考えてしまいがちですが、実は専用ATMと提携ATMには利用に関して確実にマイナスとなる大きな違いが存在しています。それがATMを利用した際に発生するATM手数料という問題です。それと提携ATMの場合には土日祝日に使用できないという問題も発生します。

専用ATMでは手数料が発生しない?

ATM手数料というのは簡単に言えばそのATMを利用するために発生する手数料のことで、平日でも土日祝日でも関係なく使用すれば等しく手数料が発生することになります。しかしカード会社が設置している専用ATMの場合、基本的に365日24時間の利用が可能となっており、その上自社のカードローンを自社のATMで出金することになるためATM手数料は一切発生しないということになります。

このATM手数料が発生しないというのは無駄なお金を支払わなくて良いということになりますし、何より土日祝日などの利用に関しては、自分の銀行口座からお金を引き出す際の手数料よりも、カードローンを利用して出金して発生する利息のほうが安くなるという逆転現象が起きますので、土日祝日にカードローンを利用してお金を出金し、月曜日に銀行口座からお金を出して返済したほうが無駄な手数料を抑えることにも繋がります。

提携ATMを利用するリスク

専用ATMの利用は正直な話ほとんどリスクが無いといっても過言ではない便利な方法だといえますが、では提携ATMを利用した際のリスクはどのようなものでしょうか。これは言うまでも無く提携ATMを利用することで発生するATM手数料が最大のリスクで、この手数料は1万円以下の利用の場合は108円、1万円以上の場合は216円が利用する都度発生することになります。基本的にほとんどのカードローンは最低1万円以上からの利用しか出来ない場合が多く、1万円以下の利用が出来るカードローンは非常に限定されてしまいます。

そのため提携ATMを利用してお金を借りた場合、毎回216円が加算されつづけることになるわけです。ひと月に5回カードローンを提携ATMで利用した場合、それだけで1080円ものATM手数料を無駄に支払うことになりますので、如何に提携ATMの利用が無駄に繋がるかがわかるのではないでしょうか。しかし初心者の場合、そんなことは気にせずにコンビニなどに立ち寄ったついでにコンビニ内の提携ATMを使用してしまう可能性が高くなるので、賢くカードローンを利用したい場合には提携ATMではなく専用ATMの利用を行なうことが重要だといえます。

専用ATMが少ないというデメリット

専用ATMでのカードローン利用が最も無駄な手数料を支払うことなくお金を借りるための方法だといいましたが、ここで利用できる場所が少ないというデメリットも出てきます。基本的にどのようなカードローンであっても専用・提携どちらかのATMは全国に必ず設置されています。そのためただ単に使用するだけであれば特に問題は無いのですが、専用ATMの数が少なく提携ATMの数が多いカードローンを選択してしまうとその時点で大きな問題を抱えたカードを選択したことになります。

何故なら専用ATMの数が少ないということは、手数料なしでお金を借りることが出来る場所が少ないということになるわけですから、専用ATMの多いカードローンと比べた場合に大きなハンデを背負っているということになります。こうなるとお金を借りるためにわざわざ専用ATMがある場所まで出向く必要がでてくるため、それが遠方であれば移動のための時間と労力、そして交通費まで発生することになります。専用ATMが近くに無いということはそれだけでハンデでありデメリットだといえますし、近場の提携ATMを利用すると手数料が発生してしまうため、結局何かしらの不都合が生じてしまうことになります。

そのため初心者の人が選択すべきカードローンの特徴として、自分の行動範囲内に必ず専用ATMがあるカードローンを選択するということが最低限の条件だといえるでしょう。

振込みキャッシングを多用する人は例外の場合も

自分の行動範囲内に専用ATMがあるカードローンを選択するのが基本だといいましたが、唯一それに当てはまらないのが振込キャッシングを利用する場合です。この振込キャッシングとは指定した口座に直接お金を振込んでもらう方法で、インターネットから簡単に振込以来が可能となっています。

この場合ですと振込に関する手数料は無料ですし、自分のいつも使用している口座へ振込んでもらえばキャッシュカードでお金を引き出せるため提携ATMを利用しなくてもいつもの銀行ATMからの引き出しが可能になります。もしカード会社が指定している口座を保有していてそこを振込先として指定した場合には、プロミスやアコムのように24時間365日いつでも10秒~1分程度で振込を行なってもらうことも可能ですので、これを利用する人であれば行動範囲内に専用ATMが無くても無駄な手数料を支払うことなくお金を借りることが出来るでしょう。

金利マジックに惑わされないこと

初心者が必ずといっていいほど勘違いするのが金利で、とにかく安い金利のカードローンを選択することばかりに目が行ってしまう場合がとても多いといえます。この金利が安いカードローンで勘違いしやすいのが4.5%~18.0%の金利の場合4.5%の金利ばかりに目を奪われてしまうということです。

これは初心者であればあるほど金利のマジックに騙されやすくなるといえ、自分が借りた場合でも4.5%でお金を借りれるんだと勘違いしている人が少なくないといえます。しかし初めてカードローンを利用する場合、利用できる金額は最低限度額の50万円からスタートする場合がほとんどで、その場合に適用される金利は18.0%の高い金利が自動的に適用されることになります。では4.5%の金利は何なのかというと、これはそのカードローンの最高限度額まで利用した際に初めて適用される金利となっており、一般の利用ではまずその金利が適用されることは無い金利だといえます。

そのため初心者が選ぶべきカードローンは高い金利のほうを比べてその中で最も低い金利のものを選択すると良いでしょう。ただし金利が安くても専用ATMが近くにないカードローンでは意味がありませんから、その点も加味して選択すると良いでしょう。

無利息サービスの利用でカードローンの良さを学ぼう

カードローンの中には無利息サービスと呼ばれる初心者である初めてカードローンを利用する人だけが使用できるサービスがあります。この無利息サービスは現在アコム・プロミス・ノーローンの消費者金融と、レイクの銀行系カードローンで行なわれていますので、もしカードローンを選択するのであれば手始めにこれらのカードローンを使用してみるのも良い方法だといえます。

無利息サービスは簡単に言えばカードローンの便利さを知ってもらうためのお試し期間のようなものですので、無利息サービスのあるカードローンを利用してみてカードローンの便利さや自分にとってのメリット・デメリットを知るには非常に良いサービスだといえます。無利息期間中はいくら借りても期間中に返済してしまえば1円の利息も発生しませんので、初心者がカードローンを利用してみるには最適の方法だといえます。

初心者にお勧めのカードローン会社とは?

初心者にお勧めのカードローン会社とは一体どのような会社なのでしょうか。現在最も手軽に契約でき、利用できる専用ATMが多く、しかも利便性が高いのはセブン銀行カードローンや楽天銀行カードローンだといえるでしょう。

まずセブン銀行カードローンに関しては、セブンイレブンに設置してあるATMが専用ATMとなるため、最も利便性が高いカードローンだといっても過言ではないかもしれません。基本的にセブンイレブンのATM利用は無料で行なえますし、返済に関してもセブンイレブンのATMで行なえるためコンビニに寄ったついでに利用や返済が出来るとても便利なカードローンです。セブン銀行の普通預金口座を開設することが条件とはなりますが、収入証明書の提出も不要、在籍確認の電話も一切無いという非常に審査が早く楽なカードローンだといえます。利用できる金額が10万円・30万円・50万円の3通りしかないため他のカードローンよりは利用できる額が少ないといえますが、初心者向けの条件がほぼ揃っているカードローンだといえます。

楽天銀行スーパーローンも利便性の高いカードローンで、専用ATMがセブンイレブンのATMとローソンのATMが利用でき、どちらのATM利用の場合でも手数料が無料で利用できます。提携ATMも数多くありますし、金利面でも消費者記入に比べて大幅に安い4.9%~14.5%となっているため、初心者の利用に優しいカードローンだといえます。楽天銀行の口座を登録すれば返済を毎月自動で引き落としにも出来ますので、借りる際も返済の際も便利で手間がかからないカードローンだといえます。

消費者金融のお勧めカードローンは?

消費者金融の場合のお勧めカードローンは、やはり無利息サービスがあるカードローンが最もお勧めだといえます。アコム・プロミスに関しては全国展開している大手の消費者金融ですので、専用ATMも数多く設置されていますし、無利息サービスを試すのにも最適なカードローンだといえます。

アコム・プロミス共に振込キャッシングサービスも充実しており、アコムの場合楽天銀行口座を指定しておけば1分程度での振込が可能、プロミスの場合は三井住友銀行かジャパンネット銀行を指定しておけば10秒という速さで土日祝日でも夜中でも振込対応してくれますので非常に便利に利用できるカードローンだといえます。

ノーローンもそれほど有名ではありませんが実はレイクを経営している新生銀行グループのためレイクの専用ATMの利用が可能です。しかもノーローンの場合は無利息サービスが完済すれば何度も利用できるという他者には無い特徴がありますので、その点も利便性が高く初心者にお勧めだといえます。

自分のライフスタイルに合ったカードローンをチョイスしよう

カードローンの利用はほとんどの人が最初に選択したカードローンを長年使用し続ける場合が多いといえます。そのため初心者の場合の初めてのカード選びは非常に重要だといえますし、自分のライフスタイルに合ったカードローンを選択することで生活を豊かにすることも可能となります。逆に内容をよく知らないまま契約してしまうととても使いにくくカードローンに対する認識も悪いものになってしまうことが多いといえますので、後悔しないためにもしっかりと内容を精査してカードローンの選択を行なう必要があるでしょう。



住宅ローンの審査についての紹介です

社会人の方に関しては、マイホームを買う事に対して憧れを抱いているのが一般的です。マイホームを購入する場合には、数千万円の費用がかかるので、一度で購入費用を準備するのは比較的難しいのが現状となっています。そんな時に便利なのが、住宅ローンとなります。住宅ローンを組み、毎月に渡って決められた金額を支払っていく事により、最終的には自分自身が所有する不動産となる仕組みです。住宅ローンは大金を借り入れる事になるので、当然のように審査が行われます。審査基準については、それほど厳しくないのが特徴となっており、安定した収入が見込めるサラリーマンの方であれば問題なく通過する事が可能です。

住宅ローンを組む事により、税金面において優遇されるので、必ず税務署で申請する事が求められます。税金に関する知識を有していなくても、職員の方が丁寧に説明をしてくれます。不明な点や疑問に感じる事があれば、質問をする事により分かりやすく解説してくれるので安心です。返済期間については比較的長くなるので、無理のない支払い計画を作成する事が重要となります。また、収入が飛躍的に上昇した場合においては、繰り上げ返済をする事ができます。繰り上げ返済をすれば、借入期間が短くなるので、利息の負担が軽減されます。借り入れ先に迷惑をかけないように、借金をしているという自覚を持ち、着実に返済を進めいく事が大切です。そうすれば、トラブルを起こさずに済みます。



このページの先頭へ