ETCカード 審査

 更新日:2015/03/29

ETCカード:審査基準とは


ETCカードは申し込み後、審査に通過して初めて発行されますが、ETCカードとはクレジットカードの追加カードですので、実際はETCカード審査なし=クレジットカードの審査ということになります。これはカードを申し込んだ人の経済状況や返済能力などを調べるもので、申し込まれたクレジット会社が信用情報機関に申込者の情報を問い合わせます。これまでの利用金額や返済額などが調査の対象となり、毎月安定して収入がある職業であれば、問題なく審査に通るでしょう。専業主婦の場合でも、配偶者に安定的・継続的な収入があれば問題はありません。

年金受給者の方も安定的・継続的収入があるということで、審査は通ります。しかし無職やフリーターの場合は、審査が厳しくなるようです。パートやアルバイトなどで安定的、継続的収入があることが必須です。また、安定した収入で、職業に問題がなくても、これまでのクレジット利用やキャッシングなどで返済が滞ったり、遅れたりしたことがあると、審査がきびしくなります。

このほか、カード会社によっても審査の甘さ、きびしさは違います。クレジットカードは、発行する会社の系列として消費者金融系、銀行・証券系、信販系・流通系などがありますが、このうち消費者金融系とスーパーやコンビニなどの系列の流通系のカード会社は審査が甘いようです。クレジットカードの審査=ETCカードの審査に通過するためには、自分の収入状況、クレジットカード利用の際の支払いについてなどよく考えて、利用するクレジットカード会社を選ぶことがポイントとなります。